比較的最近、MSがリリースしたBingというサービスがある。Googleに対抗したいMSの検索サービスだが、いいのか悪いのかも判断できるほど(いや、まったく)使っていない。ただ、これに関連しているともいえるBingMapsという地図サービスは時々利用している。なぜ使うかといえば、GoogleMapsやEarthに比べると地図が新しいことの他に、鳥瞰写真が面白いからだ。GMAPのストリートビューも悪くはないんだが、BMの鳥のような視点から眺める街はなかなかいいし、街やその中の建物の雰囲気もよくわかる。

 ところが、GoogleもMSとは張り合っているんだと思うが、GoogleMapsにいろいろな強化を仕込んでいるようだ。GoogleChromeでMapsをみたときに表示される緑のフラスコ(実験機能ということらしい)を押すことで設定画面に入っていけるが、Earthというタブを選ぶことにより、3Dビューを見ることができる。そのモードでは、まだ都心部などの一部のエリアかもしれないが、建物も立体的に見ることができる、それも全方位から。BingMapsのパクリのようである。これは単なる航空写真だけから作れるものではないだろう。建物の高さデータとか、率面の写真なども使っているんだろうか。あるいはナビのデータの延長でそういった情報をどこかで作っているんだろうか。また、アメリカの主要都市などにさらに絞られるが、鳥瞰写真もこれから整備していくようだ。