「田んぼの草はみえる前に取れ」なんて書いてあるから、土曜日には一番危ないと思っている4号の4割程度のイネの間を削ってみたが、生えていた雑草が浮いてくるぐらいじゃないと、どうも達成感が少ない。まあ、暇ができれば何度でもやろうと思っている。去年の4号田んぼは、少し手を抜いて草が結構生えていたので、収量も少なかった。機械植えだったからイネの株が密集していたところに雑草が養分を獲るもんだからだと反省しており、それは避けたいところだ。
 ところで、3号田んぼに浮き草が発生している。昨年を振り返ると7月1日の記事に記載があるから、それに比べるとずいぶん早い。これが広がれば光を遮断するので雑草は抑えられるはずだ。また、今年は沢水の低温被害を避けるため、田んぼを水が通過しないような配水系統にしているので、真夏は水温が上がりすぎる懸念があった。浮き草はこの問題にも役立ちそうだ。ということで昨日の雨の中、まだ発生していない3号以外の田んぼに移住させてあるいた。しかし、なんで3号に早く発生したのかは不明だ。堆肥やボカシの撒き方のバラ付きだろうか。
 
 8100d189.jpg

  このあたりは正月にユンボで拡張したところである。
  きれいに整形する予定だったが、田植えが早まりあきらめた。