この前仔メダカらしきヤツを見つけた足洗い場だが、またまたじっくり観察した結果、かなりの数(といっても10匹強)の仔メダカを発見した。この前はちょっと育ったあとのようだったが、今回のものはいずれも孵化したばかりと思われる。大きさは2~3ミリといったところだろうか。泳ぎ回るわけではなく、水槽の壁に張り付いてじっとしている。防波堤釣りを思い出す。

2af3a2b2.jpg

    よくみるとおたまじゃくしのような形の稚魚がみえる

 網で1匹ずつ掬い、例のプランクトン培養箱に入れる。数匹入れた後、次からは透明の観察ケースに入れてみる。場合によっては横浜の家に持ち帰って飼ってみようかと思ったのである。まあ、自然からはなせばはなすほど餌の確保が難しいだろうと持ち帰りは断念したが、ケースに入れた数匹は培養箱の緑が濃い方に入れてみた。どっちがよく育つかの実験である。その後も足洗い箱には孵ったばっかりのメダカが少しずつ増えていた。当分の間これをゆりかごのように使い、時々メダカの瓶から藻を取り出してこの中にいれ、それに付いている卵を孵すことを続けてみよう。
 どんどん増えると決まっているわけじゃないが、メダカの瓶は結構密度が高く、これ以上メダカ人口を増やせない。増えた分は田んぼに放流していく予定。