b0ddab7a.jpg


 昨日の夕方、一通りの作業を終わらせたあとにに田んぼを眺めていたら、ちょっと不思議な状態に気付いた。2号田んぼの手前側一角のイネが目立って元気なのである。既に分けつが進み扇型になりかけている。ああ、」これはうちで作った苗だからと考えたが、ちょっと離れるとひょろっとしたちょっと頼りない状態の苗である。となりの3号はもらった苗を植えたのだったが、こちらを見てみるとやはり特定の一角の苗は元気に広がっている。
    左上のあたりがボカシをつんでおいたところ

2fb5e65e.jpg

    手前側が3号のボカシ置き場

 その2箇所の共通点といえば、畑にして裏作をつくっているときにボカシをつくっていた場所そのものだった。荒起しをするときにボカシは田んぼ中にばら撒いたが、作ったところにはやはり残っているんだろう。このように早い段階から育てることがプラスなのか、何か問題が起こるかは秋になったらわかるだろう。