先々週末にかなり大量に収穫したが、先週末も量としてはそれを上回るほど獲れている。ただ、色が緑から茶色混じりになったり、豆が硬めになったり、虫がついたりといった感じで、商品としてのピークはちょっと過ぎてしまった感がある。先々週末の段階で少し豆が小さそうだ、などと見送ったものも1週間の間に成長しすぎたみたいである。この調子だと、来年は少し栽培量を減らすか、あるいは覚悟して2日間で徹底的に獲りまくるかを考えなければならない。それにしても、ソラマメがこんなにうまいものとは今まで知らなかった。また、こんなにたくさん食べたことも今までにはなかったことだ。だから、量を減らすという選択肢は考えにくい。
 ちょっと硬い豆も混じるかもしれないが、自家消費用にはまったく問題がないので、昨夜は莢から出しておいた。スープや煮豆なども楽しめると思う。また、畑に残っている豆は成熟させてフライビーンズにしたり、来年のタネにしたりということになる。今週中、サルにやられなければの話だ。今年タネをくれた裏のおばあちゃんの畑では、タネ用に残しておいたモノをすっかりサルにやられたらしいから、来年はこちらからタネを進呈しなければならないのだ。