最初だった去年に比べりゃ余裕があるんじゃないかと思っていたが、実際にはそんなことはなく、あれこれ考えてはいるんだが、どうも思い通りには行かない2年目が始まっている。米作り要因図のおかげで、かなり頭の中が整理できた(と、自画自賛)。
 
 田んぼ自体については、暮れから正月にかけての10日あまりの間、バックホーを借りて面積を拡大した。最適化作業の様子は過去LOG参照
1,320㎡から1,923㎡は45%増だから、かなり増えたことになる。ただ、田んぼの底のレベルが完全な水平になっておらず、一番差の大きい4号田んぼでは15cm程度もあり、これ等の是正は今後の課題である。また、畦(棚田状の土手を含む)については、堅固なものになっておらず、畦からの漏水防止措置も完全ではなく、ハードウエアとしては不完全。これは自然の力も借りて何年かかけてやることにしている。
 
 苗作りについては、昨年の乳苗方式から方向転換し、薄播きで丈夫な苗を作り機械で植えることにしたが、苗のできがバラつき(トラ刈り状態)、よそで余った通常の苗をもらって植えた。トラ刈りの原因としては、モミの上に撒いた燻炭が厚過ぎて顔を出せなく消えてしまった苗が多かったため。ただ、田植え前後の具合を見ると、薄播きにした苗の成長や活着の度合いは通常のものと大きく異なりしっかりしている。来年も挑戦課題にしよう。薄播きで補植覚悟という考え方がもっともよさそうである。なお、まだ苗箱に入っている段階で「玄米アミノ酸」なるものをあまり薄めずに撒いたらしく、これも元気な苗に影響している可能性がある。結論からいうと、今年も苗では失敗気味である。

9dd9c104.jpg

    右は薄播きの苗、田植えのあとも差がつくようだ

 用水については、去年ずっとメンテに追われた沢水の取水から配管系統を見直した結果、これまでのところでは明らかな効果が現れている。変更したのは取水装置回りで、堰の底からパイプで取り出していたものを、オーバーフローした水を一旦容器に受け、それを流す方式とした。この結果、取水装置以降のVU配管系統に流れ込む土砂やゴミは激減し、十分に取水できなかったり、配管が細くなって水を十分取り込めないといったトラブルがなくなった。去年の場合、2週間に1回程度は堰の泥さらいや配管の掃除が必要だったが、今年は毎週の点検時に若干溜まっている落ち葉などを取るのみで問題なく働いている。導水配管系統がボトルネックとなっており、最大4~5立米/時という水量の上限値は変わらないが、1.5立米/時程度の平均的な必要量をひきこめる期間は増えるはずである。田んぼの水深を深くするなどの方法を考えれば、川水を揚げる機会はかなり減るに違いない。
 
 肥料については、昨年は田んぼの状態も不明であったため、元肥ゼロで始めた。途中、南北問題(棚田の上側は削っているため養分ゼロ)が発生したりしたが、化成肥料はやらないというこだわりもあり、ほとんどゼロのまま突っ走った。結果として「こんな米始めて」というほどうまい米にはなったが、収穫量は情けないほど少なかった、3俵/反くらい。去年で残留していた(実際はゼロに近かった)養分を吸い取ったと思われるため、今年は田植え前に鶏糞+モミガラ堆肥とボカシを撒布してある。ただ、ボカシを作っていた後に植わっている苗の元気さが目立つくらいだから,十分とはいえないようだ。次の肥料だが、出穂前のいわゆる「穂肥」のためのボカシを作り始めたところである。
 当農場では、農薬を使わないことと化成肥料も使わないことにこだわりを持っているが、有機肥料というものも結構難しい部分が多い。成分の算出には推定と計算が必須である。ぼかしてしまったりすると、もうあてずっぽうのレベルになってしまう。それに、一様に撒くということも難しい。田んぼの裏作のときは、肥料の濃淡がかなり極端に野菜の大きさに反映されていた。田んぼなら水のおかげで少し均されると期待しているのだが、どうだろう。
 
 去年、植える前の苗と植えたあとの小さい段階のイネが獣害(シカの食害)を受けたが、今年はまだ被害は出ていない。被害が大きくなるのは、収穫時期が近づいた段階でのイノシシやサル(群れ)の襲来というケースが多いらしい。先週末に一応ネットで囲ったが、電機柵などもそろそろ稼動させる予定である。