到着して田んぼを見回っていたとき、4号田んぼの脇の水たまりで何か動いているのを見つけた。雨のため田んぼから溢れた水が流れるその場所には、なんとドジョウの子供が7匹も取り残されていた。これはすくい上げて救出。もうちょっと上流のあたりには干からびたドジョウの子供が何匹か死んでいた。どうやら繁殖しているらしいことはわかった。

4af4d731.jpg

    ドジョウは獲ったあと、映っていない。数十分後にはこの水も乾いていた。
    危うく干からびるところだった。
 
 夜になって、池の底をライトで照らしてみると、かなりの数のドジョウが張り付いている。昼間は姿を現さないが、夜になると泥から出て泳ぎ回るらしい。池の中も、今までは腹を空かしたオタマジャクシがたくさんいたが、そろそろ落ち着いてくるんじゃないかな。秋に向けてドジョウのさらなる繁殖を期待したい。