毎日一晩どまりの出張並みの荷物を持ち歩いているが、その原因はこれ。

e40750ea.jpg


 この写真を撮ったあと、かばんの底からもう一つの iPod(Classic)が出てきたが、面倒で写真を撮りなおすのはあきらめた。このほかの候補としてはVAIO Type-Uも控えているが、ANDROIDが使えるようになれば(?)出番はない。
 重要な役目を果たすのが左上の黒いボックスに刺さっている小物(Willcomのもの)で、FOMAの電波を拾ってインターネット接続を可能にする。黒いBOXはルーターで、それをWi-Fi環境にしてくれるものだ。だから、これが入っているカバンの回りでは無線LANでインターネットにつなげることができる。ただ、この機械の問題は、電池を8本も必要とすることで、それ(M001の上においてある電池ケース)は見た目よりもずっしり重い。
 そうそう、EKENのM001というANDROID端末は右の真ん中の白い機械で、結構大きいが軽い。これだけだと持ち運びは苦労ではないだろう。文章を書くだけだと、左の pomera で十分なんだが。結局なんだかんだで一つ一つ専用機を持ち歩いているのが実態だ。