39e10834.jpg


 今朝は、まだ暗いうちに風の音で目が開いたが、田んぼの方をみるとハザ掛けが倒れていた。最後のイネたちは運が悪いようだ。ただ、刈ってすぐに雨にあってそのままだから、状況としてはまだいいらしい。隣のおばあちゃんに教えてもらったところでは、一度乾いたあと水にあうと芽が出てしまうということだから。雨が上がったら、ハザ掛けのやり直しが最初の仕事ということになった。

a8fb7fbf.jpg


 雨の午前中、家の中では精米器を使っての作業を進めた。1斗用の機械をもう13回も回しているから、200キロ程度の玄米を白米にしたことになる。すでにカミサンの友人の皆さんを中心に、かなりの注文が舞い込んでおり、去年の倍くらい穫れたとしても、結構早くなくなりそう。
 
 抜けるような青空になった昼からは天日干しの立て直し。隣のおばあちゃんが手伝いに来てくれて、仕事は結構はかどる。風でかなりひどい状態になった。イノシシがウロウロする状況の中で、明日脱穀するか1週間待つか、難しい選択である。火・水曜日には雨が降るらしいので、脱穀してしまう考えかあもあるが。

9a9cd131.jpg

 
 そのあとはイノシシの進入箇所を探した。電気柵も嵐によっていろいろなところでショートしているようで死んでいたが、イノシシが入ったのは北側隣地境界の網の下から、掘ったあとが何カ所もあり、一番大きな穴のところでは向こう側が見える状態。この部分には海苔網を張ってみたが効果はあるだろうか。今日の晩は時々ロケット花火を片手に見張りをするつもりだ。

be6b4fe4.jpg

      トタンの下から入ってくるらしい