今日は昨日の午後に引き続き好天から始まった。朝から第2農場に耕耘機を積んで出向き、畝を立てた。畝数は25列、長さは大体20m前後だろうか。昨日の雨でドロドロになっているがうちの土よりは軽い感じ、草と泥をとりながらだし、まっすぐ走らないし結構な力仕事だ。午前中はこれで終了。
 午後からは種まき。今日の夕方から明日まで雨が降るということで、今日播かなければいつ播くのかというタイミングであった。

   東1~3  山東菜、キャベツ、レタス、サニーレタス(混植)
    4~6  青首大根
    7~9  大蔵大根
   10~13 青首大根
   14~17 聖護院大根
   18~21 ほうれん(アトラス)
   22~25 新日本ほうれん草

d22fd2f6.jpg

   
 一旦戻って天気予報を見ると、雨が降りそうな気配。明日明後日は雨が降るらしいし、イノシシも入り始めているということで、干してあるイネの脱穀を行うことにした。ハーベスターを納屋から引っ張り出し脱穀を始めるが、やはりしめり気味ということで、何度もワラくずが詰まって停止したが、掃除しながら進める。最後のロットは籾付きで80キロ程度というところ。コシヒカリは籾付きで640キロ穫れたことになる。イノシシにやられた200平米がちょっと残念である。玄米は480キロ程度になると思うので、反収300キロ、昨年の5割増しとなった。まあ、手探りの有機栽培としてはこんなものかもしれない。
 脱穀した米は横浜に持ち帰り、天気の状況を見ながら天日干しすることになる(カミサンの仕事)。