このところ、十日おきくらいに30ミリ程度の雨が降っており、一時のろくに流れていない状態から復帰している。特に昨日からはすでに100ミリ以上降っており、かなりの量(3立米以上/時)の沢水が流れ込んでいるはずだ。例の予測用数値モデルによれば、配管のMAXである5立米/時くらい出ているそうだ。
 しかしイネがなくなった田んぼにとっては、どちらかというと歓迎すべき状況ではない。早々と畑に転向した2号田んぼは、畝の谷の部分に水が溜まり始めているし、耕耘しただけの3号田んぼは、干してあるイネを集めるために運搬車を入れたところ、危うくスタックするところだった。4号田んぼは、排水口が詰まったせいもあって水位が上昇して田んぼ全体が池と化し、せっかく西側の待避用に作った池に集まっていたサカナたちも田んぼ中に広がってしまったらしい。土曜日の夕方に詰まりを除去し、一旦水位は下げたが、この雨では4号は再び満水状態になると思われ、メダカたちがどうなるか心配なところである。実は、4号の一角にはイノシシにやられたイネがそのまま残っている。これを刈り払い機などで処分しないといけないと思っているので、田んぼの時の水位には戻していないのだ。次の週末にはそのあたりを片付け、冬期間の湛水準備に入りたい。
 ところで、昨日はいつものアオサギではなく白鷺が飛来していた。形は同じようだが、真っ白な姿はとてもきれいである。このところアオサギも人間がいるときまでくるようになっているが、イネがなくなり田んぼが露出したので鳥たちも気になるのだろう。こちらもドジョウたちを守る方法を考える必要がある。