先週末の日曜日の夕方、直売所で販売するものを収穫していたカミサンがうれしそうにかごを下げて戻ってきた。中にはたくさんの坊ちゃんカボチャ、数えたら15個あった。5~6個はあるだろうと思っていたらしいが、蔓を引っ張っていくとゴロゴロと出てきて15個も出てきたというのである。
 これまでに30個位は穫れていてかなり好評だったものだが、別の場所で穫れたものが主で、今回のあたりは春先からワラビが茂っていたところ、カボチャの蔓は果敢にワラビやセイタカアワダチソウ、フキなどを分けて入っていき、実を作ったようだ。このあたりのカボチャ(3株)は、落花生畑の隣に植えたもので、大事な落花生のついでに酵素を撒いたりしたこともよかったのだと思う。
 この坊ちゃんカボチャという種類だが、比較的小さめであって小人数のご家族でももてあまさないし、味もよくて好評だった。来年はもっと栽培することにした。

c309fcb9.jpg

    重かったらしく、あと数個はここに入っていない