今年ももらうつもりだが、去年は大規模コメ農家で発生したモミガラを40~50袋程度もらって、燻炭にしたりそのまま撒いたりした。しかし、実際にはあまり効果的には使えておらず、つい最近まで去年の残りがあったくらいだった。しかし、今年は実際に活用するつもりだ。
 とりあえずは輸送方法を見直してみる。去年はステーションワゴンで運んだということもあり、モミガラ用のポリ袋に入れて1回につき10袋程度持ってきていた。袋に入れておけば、とりあえず野積みでもしておけるし便利ではあるのだが、袋詰めはかなり手間のかかるやっかいなことだった。今回は、田んぼや畑に直接まくことも想定し、コンパネで刺し板を作り、軽トラの荷台に直接積んだり卸したりという形での運搬も考えることにした。

1711311b.jpg


こんな感じで組み立て式のものを作り、反復利用しようと思う。天井は作らず、ブルーシートをかけてトラックネットで押さえるようにする。トラックネットは、モノタロウの倒産処分品の格安があったので大量購入した。そんなものたくさんあっても仕方がないんだが。あ、害獣対策になりそう。