借り畑の地主さんが珍しいものを持ってきてくれた。「オオモミダケ」、聞いたこともない名前だから何度も聞き返したが、もみの木のそばに生えている大きなキノコという素性がわかり、名前も理解できた。
 
c956e58a.jpg


 皮をむいて軽く湯がき、あとはいろいろな方法で食べられるらしい。今日のところは、肉と一緒に炒めるというやり方で、なかなか美味いものであった。エリンギに食感も含めて近いと思った。インターネットでもあまり詳しい情報は得られなかったが、珍しいものなのだろう。