コメが一段落したあとの関心は、うちの畑(上の畑)に2畝(延長20m程度)残してあるサツマイモである。定植が他よりも遅くて生育が悪かったところに雨なしの影響、更に虫に葉をやられているから、かなり厳しいとは予測しているが、シカに徹底的にやられた第2農場のものに比べればましだろうと考えている。残念ながら期待はずれに終わったサツマイモの最後の残りである。少しは立派なイモが穫れて欲しいのである。その次がサトイモだ。これは霜が降りるくらいまで待っていればいいということだが、当方の場合には獸害との比較になる。今のところ、うちの畑の方ではサツマイモと一緒に電気柵で周りを囲っているから、イノシシの被害は抑えているが、それがいつまで保つかはわからない。第2農場はノーガードだから、こっちは心配も大きいのである。それにしても、落花生に始まりケモノの被害が相次いだ一年だった。まだ終わってはいないが。
 
 ところで、思わぬ収穫だったシソだが、今日カミサンがテレビで見たところでは、暑かったせいで今年はどこでも好調らしい。とある番組ではしその実を味噌漬けにしていたらしい。いまうちでは、塩漬と醤油漬ができつつあるので、明日いったら最後の収穫をして味噌漬にも挑戦したいところだ。