週の半ばをすぎると、週末の仕事のことも頭に浮かんでくる。前の前には冬の間の作業を挙げてみたけれど、目の前にもやらねばならないことがたくさん横たわっている。
 一つはソラマメやエンドウ豆など、冬を越す豆類の種まきだ。近所の人たちからは、霜が降りるときに育ちすぎていると枯れるから早すぎ厳禁といわれていたが、そろそろ時期としては良さそうだ。とりあえず、第2農場のネギの跡にでも播いておき、芽が出たら植え換えをすればいいんじゃないかと考えている。
 もう一つはタマネギだ。この前、カミサンが植えておいた出来損ないのタマネギから、苗によく似た葉がたくさんでていたから、あたかも苗を植えるように植えてみたのだが、ちゃんとしたタマネギにならない可能性も大きい。タネは播いてあるが、鉛筆どころか鉛筆の芯ぐらいの太さなものだから、定植しても育つ可能性は低いと考えている。ホームセンターでちょっとまとめて苗を買い、第2農場のサツマイモの跡を耕して植えようと思う。ただ、200平米は5000本くらいだから、そこまではちょっと広げられないかもしれない。
 あとは、2号田んぼと第2農場に播いたままの、野菜類の面倒をみなければいかないだろう。あまり発芽率はよくないし、芽の出方にはばらつきがある。播いた後、大雨が何度かあったから、そのせいではないかと思っている。