大づかみにいうと、現在の耕地は田んぼ2反歩と畑2反歩である。今年を振り返ってみると、イネについては節目ごとに手をかければ何とかなるという感じだが、畑での耕作の方が時期の遅れや獣の被害などで行き届かない面が多かったという反省をしなければならない。私はもともと田んぼの係りだったが、去年の段階から既に私の担当になっていた第1農場の上の畑(200平米)と、今年から加わった第2農場(1反2畝)についても私が主担当となっている状況であり、かといって、カミサンがやっている畑の作業に余裕があるわけでもないから、どうやら色々な方法で畑仕事の生産性を上げることが必要条件らしい。まあ、農業に専念すれば問題は解決するのだが、諸般の事情から来年も仕事は続けることになりそうであり、奥の手は使えない。

 ということで、作付け予定を含む来年の作業予定(工程表)をとりあえず作ってみることにした。イネについては新しい試みも考えてはいるが、要所を押さえれば何とかなりそう。畑をどうやるかということの方が成果は大きいと考えている。特に省力化の工夫も重要なポイントだと思う。幸い、春に農業委員会に提出した作付け計画などがあるから、それをベースに考えてみよう。