朝から第2農場に出かけてダイコン・カブ・ほうれん草の状況を見るが、発芽率はあまりよくない。間引きの必要はないくらい。ほうれん草はほぼ全滅に近い。ダイコンの葉は食われているが、おそらくシカだろう。ダイコンがある程度穫れるだろう。
 11時頃から山に入る。最初、刈り払い機で杉林への入り口あたりを刈ったが、ちょうどそのあたりにある梅の木(今年はほとんど実がならなかった)の剪定を始めた。よくよくみると、あってはいけない枝がやけに多い。たとえば上に伸びている枝だ。結局そういう枝があるので枝同士が絡み合っている。どうせ実もならないし、一気に切ってみた。残っている枝より切った枝の方が多かったんじゃないかな。

a526ff6a.jpg


 その後は刈り払い機とノコギリでヤマツツジの山を縦断するルートの開拓を始めた。昔はきっと通れたのだろうが、ヤマツツジが育ったため通り抜け不能になったものと思われる。枝を払ったり、株ごと切ったりして通れるようにした、3分の2の20m程度だが。

11af9000.jpg


 夕方前は燻炭の始末だが、今回は失敗だった。燻炭器の煙突がボロボロになって破れてしまったことが原因。もう一本はワラを煙突にしたが、こちらの方は順調に燃えてはいたものの、時間切れ。ということで暗くなるまで待ったがまだら状態で水をかけた。来週、もう一度焼くことにする。