959a362f.jpg


 今日はほとんど屋敷裏の梅の剪定をやっていた。写真は剪定前だけ、相当ひどい状態だ。あってはいけない枝ばかり。一通りは切ったがまだ来週に続くのである。山の梅とは違い一応芽は付いているが、バッサリ切らなければいけない枝にも付いていて、ちょっともったいない。ただ、今年も花は咲くのだが実にはほとんどならなかったから、思い切って剪定して数年後を待つことにしよう。
 剪定のついでに、堆肥と燻炭を一輪車山盛り1杯分根元に撒いておいた。あまり実は付かなかったけれど一応お礼の肥も撒いたはずだから、できるだけのことはしたつもりだ。