まだそれほど樹を切っているとは思わないが、早くもチェーンソーの切れ味が悪くなったように感じる。使い方もちゃんと認識しているわけではないが、次のテーマは目立てである。
 付近の人たちは、刈払い樹は当たり前のように使っているが、チェーンソーというと常用しているわけでもないようだ。ただ、営林署で仕事をしていた方もいるようだから、今度の休みの間にいろいろ教えを請うことにしようと思う。また、チェーンソーについては、仕事で使う場合には教育を受ける必要があるらしい。講習を受講するということも考えてみようと思う。