イネ刈りの頃からイノシシが侵入していたことや、その侵入経路になっているトタンの穴は、何度塞いでも再び開けられるということなども書いたが、今回裏の田んぼ跡に入ってみて向こう側の状態が判明した。

be2c69cd.jpg


 隣地との境は柵が設置されており、その下部はトタンでふさがれている。通常はこうしてあれば入ってこないのだが、この侵入個所のトタン(手前側)は破れていた。向こう側(つまりうちの田んぼ側)から何枚も追加しているが、向こうも何回も突破していた。

f3f0d08f.jpg


 それには理由があった。この場所はお茶の木の後ろだったのである。ススキの中の獣道をたどり、お茶の木の陰に潜り込んでトタンをくぐったり、穴を掘ったりしていたのだろう。ということで、ここのお茶の木は伐採した。
 ススキ狩りはキリがないのだが、一応このあたりで一段落として、今後は境界の柵の補修などに移行していく予定。

fca36a27.jpg