苗箱の数はなかなか読みづらい。昨年は結局のところ、自家育成分10枚、貰った分10枚程度。機械植えをした1800平米弱で20枚というと、一般の基準よりはかなり少ないはずだが、間違いではない。今年は余裕をみて、コシヒカリとミルキークイーンは15枚ずつ、きっと手植えになる古代米が2枚というところだろう。

 去年もそうだったが、横浜である程度育てたら農場に運び、田んぼに水を張って苗代とする予定だ。1号に40平米程度のスペースをとり、そこに並べる。3月というとまだ寒いが、過保護にはしないでたくましく育てることが必要だ。田んぼが凍って苗が黄色くなっても大丈夫というんだが、きっと心配にはなるだろう。そんな時期は2ヶ月以内にやってきて、田植えもその後に控えている。次第に今年の米作りが近づいてくる。まだ3回目だが、やってみるとこれはやみつきになるもんだ。