昨日、所用があって東京タワーのそばまで行った。なくなるわけではないが、最近はライバルの出現により、若干影が薄くなっている感は否めない。けれど、半世紀以上も東京のシンボルの一つであったわけだし、あらためてみてみるとシンプルな構造も美しいものではないかと思うところもある。TVの電波を発信するという機能が終了した後、生きながらえることはできるのだろうか。

0e4a7d7b.jpg

    普通のデジカメを忘れ、赤外線撮影
    普通にカラーでも撮れるが、塔のシンプルさを出すにはこれがいいだろう

 実は子供の頃、同じようなアングルから建設中の東京タワーを見上げたことがあった。工事は1957年の中頃から1年半にわたり進められていたようだが、父親や弟と一緒にみたときは地上数十m程度のところまで進んでいた頃だったから、私が9歳くらいだった頃のことである。タワーも私も、ずいぶん生きてきたものだ。