昨夜、横浜に着いた頃に弱い雨が一瞬降ったが、ウェザーニューズによると大多喜でも時間はちょっとずれているが雨が降ったようだ。0.5ミリと微量だが、12月30日にやはり0.5ミリ降って以来のこと。その前は12月22日に46ミリ降っているから、まとまった雨は1ヶ月以上降っていないということになる。いつも沢水の量と見比べる定規にしている30日累計降水量も1.0ミリとなり、統計のある2006年以降で最低だった2007年9月の1.5ミリを下回った。望ましい沢水水量を得るには累計200ミリ以上が必要と考えているから、きわめて厳しい水準と言っていいだろう。

 イネのシーズンではないから、あまり問題はないようではあるけれど、実はドジョウやメダカが越冬中の4号田んぼの水位が次第に下がってきている。時々1号田んぼの水位を下げて4号に水を送るようにしているけれど、来週あたりは4号の出口(越冬用池)に直接水を入れて、水の確保をすることも考え始めている。この前書いたように、そろそろヤマアカガエルの産卵が始まると思われ、竹藪から田んぼに視点を移すことも必要になりそうだ。

 ところで、4号の生き物の状況は時々レポートしている。最近は少数しか観測されないことが多かったが、この前の土曜の夜にみたら、若干の小さなドジョウ、かなりの数のメダカ、無数の虫などが見受けられ、このように寒い季節にも関わらず、結構元気にやっているようだと感じた。春が待たれるところである。