いつもフクロウのことを話しているし、巣箱まで作ったけれど、実はオオタカなども興味の対象である。どう考えても会所の周りの森にはオオタカが住んでいるに違いないと思っているし。

3c57b708.jpg


 この前の日曜日、屋敷の方にいたら猛禽類らしき茶色い鳥が田んぼの方に降りていくのを目の隅で捉えた。早速一眼に望遠をつけて田んぼに向かうが、その鳥はすでに飛び立ったようで頭上を旋回している姿が見えた。すぐにもう一羽加わり、独特の鳴き声をあげながら周り始めた。一応写真に収めてみたが、どうやらオオタカではなくトンビだったらしい。しかしあきらめずに今後も注意を継続したい。

2464cb4d.jpg



 ところで、鳥というともう一つ話題がある。湛水中の4号田んぼのそばを通ると一群の鳥があわてて飛び立つときがある。茶色で、鳩よりは小さくハクセイキレイなどよりは大きい。ときおり忍び足で田んぼに入り、いると思われるあたりの見当をつけて望遠レンズで探すが見つけられない。それどももうちょっと近づくと、どこにいたのかバタバタと飛び立つのである。何とか撮影したのが次の写真。これでみるとくちばしが長く見えるが、巣を作るための藁でも加えているのかもしれない。この鳥ももう少しちゃんとかんさつしてみたいものである。

4970d3da.jpg