1号と4号田んぼは湛水中だが、永い間雨が降らなかったことから、4号に水を回すために1号田んぼの方は水位を下げたので、ほとんど底が顔を出している状態だ。今週は少し雨が降ったので状況は改善されていると思う。1号と4号に加えて、菜花の種を播いたがろくに芽が出なかった3号田んぼも湛水する方向で見直していこうと考えている。

 ところで、1号と4号にはワラを撒いたり積んだりしていたのだが、ほとんどその分解が進んでいない。春になって暖かくなれば進むとは思うが、事前の準備(改造管理機による部分的代掻き)の邪魔になりそうなことは間違いない。そんな状況だから、この間の週末も体調はベストではなかったけれど、アメリカンレーキでワラを田んぼの中に散らすという作業を行った。

 そうやってワラの固まりをどかしていたら、冬眠中だったらしいカエルやドジョウが何匹もでてきた。どれも、迷惑かつ不機嫌そうにこちらを一瞥し、まだちょっと早いんだよという感じでのそりとワラの中にまたもぐる。

 ということで、我々以外にも春を待っている連中がいることを確認した。