一般家庭の電気の契約は従量電灯Bというものらしいが、基本料金は10Aから60Aまで最大使用量に応じて段階的になっている。横浜の家では現在50Aになっているが、昔はもっと少なかったはずだ。最初は20Aではなかったかと思う。いろいろ家族構成も変化し、エアコンや電子レンジなどの電気を食うものが入り込み、だんだん増えてきた。昔はブレーカーが落ちたりヒューズが飛んだりしたことも多かったが、今は老人3人で暮らしているので、ついぞそんなことはなくなった。
 昨夜、カミサンと話していてこの契約を30Aに変更しようということになった。30Aだと、エアコン、炊飯器、電子レンジ、オーブントースター、ホットプレートといったものを使うときは気を付ける必要があるが、滅多にないと思う。時々ブレーカーが落ちるくらいの方が意識が変わるから、そのうち20Aまで絞ることも検討したい。