土曜日の「久しぶりだね」を書いたあと、納屋でよなべをしていたら外で何やらうごめく者がいる。みると2匹のガマガエルが「あっ、見つかった」という感じでそれぞれ別の方向に歩み始めたところだった。まあ、そういう季節なんだろう。
 これまでは1匹しか存在に気づかなかったが、どうやら少なくとも2匹はいるようだ。これでどこかの水たまりには小さなオタマジャクシたちがあふれることになるだろう。ガマのオタマジャクシはすごく小さいのである。