土曜日にうちの竹藪に行ったことは書いたが、日曜日借り畑の地主さんがやってきてタケノコの話題となり、うちには結構出ているから掘っていいよというありがたいお言葉。昼食後さっそくカミサンといってみた。当方と同様、川に降りるあたりに竹藪があるのだがが、その様子はずいぶん違っている。面積も大きいが昔田んぼで使っていた平地も含まれ、平らなところが多い。何より手入れが行き届いている。イノシシにずいぶんやられたということだったが、それでも頭をちょっと出したタケノコがあちこちに残っている。比較的順調に出ているからイノシシも食いきれないのかもしれない。

b4c663f5.jpg


 ということで、あっという間に釜1.5杯分のタケノコを収穫。仕事は山もりなのでそれで中止して戻ってきた。茹でるのには竹を使ったが、火力が強い代わりにすぐに燃え尽きてしまい、仕事の傍らではやりづらいところがある。たくさんくべると吹きこぼれるというあんばいである。GWには、遅れていたうちの藪にも生えてくると期待している。