4号田んぼについては、つい最近まで不耕起栽培ということで進めていたから、生き物や植物にとっては良好な環境であった。これは結局アオサギなどの鳥にとっても同様だったと思われる。水で苦労しそうだということで通常のやり方に戻してしまい、代かきを行った結果、水は濁り藻なども姿を消して、生き物としてはオタマジャクシくらいしか見えなくなってしまった。ちょっと残念な気もする。
 トラクターのロータリーでかき回したものだから、無数にいたオタマジャクシも相当被害を受けただろうが、イモリやドジョウなどもかなりやられたようである。代掻きのあと、オタマジャクシが固まっているところの中心には、たいていドジョウなどの死骸があった。割合最近までメダカはいたしドジョウも泥に潜っていたはずなんだが、彼らが田植え後にちゃんと復活するかどうかは非常に気になるところだ。もう一度通販で注文しようかと思ったくらいだが、まあ自然に任せようと思い直した。まだ入れていない「ホンモロコ」については、まだちょっと迷っている。