去年は250本程度の苗を入手し、5月末に定植したが、これからサツマイモ苗の植え付けシーズンのはずなのに、ホームセンターには苗が並んでいない。これまでの2年間とも、会所の個人さんの直売所で購入できたのだが、今年そちらは直売所も農作業もやっておらず、大きく目算が狂っている。かろうじて市原のJA直売所で50本だけ買えたので、それを畑にとりあえず仮植えして、伸びたツルを定植するというやり方でカミサンはしのいでいる。
 インターネットで探すと、西日本系の品種をのぞきどこも大体売り切れのようだ。あってもとても高い。当直売所ではベニアズマのようなホクホク系の人気が高く、他の品種はどうもだめらしい。もしかすると、例年それらの苗を作っていた東北地方の農家が被災、あるいは電力事情で生産できなくなったのではないかとも考えている。まあ、6月いっぱいくらいは植えられると思うので、あと50×3組程度の苗は作ろうと考えている。
 昨年は、真夏の暑さと渇水、虫害、イノシシの害などの被害が大きかった。イモ自体はおいしいので土は合っているんじゃないかと思うが、今年はうまくできて欲しいものだ。