今朝、借り畑の地主さんから電話が入り、昨夜鹿が入って電気柵のワイヤーを2箇所切られたという報告があった。借り畑の敷地は南北に長く、真ん中あたりに屋敷があり畑をほぼ2分している。私は南側の大半を借りているため、電気柵はその南半分の西側境界に設置してあるが、もともとシカが頻繁に入っていたところであり、切られたのはこれで2回目だ。暗い時には細いステンレスのワイヤーは見えづらいのだろう、気付かずに突進してきたらひとたまりもないのである。まあ、深刻な被害になるようなものはないので、次の週末までそのままにしておくしかないが、これからは修理キットを渡して直してもらうことも考えよう。
 ところで、北半分の畑には地主さんがジャガイモや夏野菜などを植えつけているのだが、そっちの方にはシカだけでなくイノシシも入ったらしい。電気柵のセットは1台余裕があるので、それを北側にもつけようという話をしていたところだったが、もう少し目立つワイヤーを付けるとか、単なる白いテープを張るとか、何らかの工夫が必要だろう。田植えも済んで一段落というところなので、作業予定に入れておかねば。ただ、第1農場も電気柵はじゃがいもの周りだけしか張っていない。田植えも済んだので、苗をシカから防衛するためにこちらにも設置する必要がある。色々やることは尽きない。