2570958d.jpg


 ユンボという別名もあるバックホーという機械は相当広い範囲で活躍しており、道路工事や宅地造成などの現場で当たり前のように見かけることができる。車体はクローラ(キャタピラ)で動き、腕のようなアームの先についたバケット(スコップ状の道具)を使って土砂などを掘ったり移動させたりする重機である。
 これまで私は、バックホーを2回借りている。1回目は2009年3月の10日間で、斜面地を削りとりながら盛り土して4枚の棚状田んぼを作った。2回目は2009年末から翌年にかけての10日間で、ここでは田んぼの周囲の無駄な空きスペースを詰めて、面積を増やした。1,320㎡が1、922㎡に増えた。かなり無駄があったということになる。そんな事情もあるものだから、私の田んぼはバックホーがあったからこそできた、といっても過言ではない。一方、ちょっと残念なことは、田んぼ以外のもの(たとえば山、川に至る崖)については、これまで出番がなかったことである。
 これからちょっとの間、私の作業を振り返りながら、この機械の能力や可能性を振り返ってみようと思う。そして、今後の計画も整理してみようと思う。農作業につきもののクワと鎌、それにスコップ、そんな道具の数百倍以上の能力を持つバックホーは、私のような定年農業者にはとてもありがたいものなのである。まあ、思いつきなものだから、途中消滅などはあるかもしれないし、支離滅裂なところもありそうだ。自慢話に偏ることもあるかもしれないが、そんなもろもろのことはお許しくださいと最初に謝っておこう。
 
 まずは、これまでの成果の整理である。当BLOGでは2回ほど、写真を掲載して田んぼのできる前と後を比べている。
            「使用前・使用後」

            「使用前・使用後 その2」

どちらも合成してパノラマ化した写真にしており、手間もかかったものだから、ついでに見ていただけるとありがたい。また、たくさんあるライブラリーの中から、新たな角度からの使用前・使用後も発掘してみた。これは次にアップします。
 
「北側から」
4d99384f.jpg


ce9ecb23.jpg


 
「屋敷側から」
d6d6ad92.jpg


a77c4f61.jpg


 
「山から」
ecc48126.jpg


d1cebe30.jpg



 
ということで、写真を探し疲れましたので、続く。