再三書いているが、いつも雨が降っている印象がある会所に、最近はほとんど雨がない。7・8月とも100mm未満である。そんな具合だから、少々雨が降ったところで沢水の量には反映しない。長く最低記録更新が続いているが、9/11(日)は140秒/6Lであった。水源地に行ってチェックしたら、パイプの落ちどころがずれていて若干取水装置の外に滴るようだったが、それを直してもたいして量には影響がなかった。

cc4d06a3.jpg


 取水装置やそのあとの配管は、ずっと整備をしようと思いつつ、手をつけることができないでいる。害獣対策にちょっと手間がかかりすぎの傾向にある。この前の週末で、川水の揚水はストップさせて田んぼを干しにかかっている。今後の沢水の役割は、冬の間4号の一角で春を待つ魚たちへの注水である。今年はずっと沢水が少なかったため、川水の揚水量は4時間/日ポンプ稼動で32立米だったが、ほとんど必要なかった昨年と比べると急増である。来年は回復してもらいたいと考えている。
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ありがとうございます、定年後の暮らしでは1位になってしまいました。こうなったらその上の「ライフスタイル」で頑張ろうと思います。「定年後の農業」=「定番ライフスタイル」にしよう。 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ