昨日は疲れていたので書けなかったが、夜の見回りの時にケモノの侵入を確認した。田んぼの方に出てみたら、バシャバシャという水の音がして、黒っぽい動物が向こうの方に走っていった。大きさはそれほど大きくないが、どうも若いイノシシだと思われる。そのイノシシらしい動物は向こうに走っていって、どうやら電気柵をスルリとくぐり抜けたらしい。おいおい、毎度毎度ちゃんとメンテしているつもりなのに、効いてないのかねえ。
 
 ということで、今日の午後は草を刈りながら電気柵の点検をした。その結果、下のワイヤーと土の間が20cmよりも広いところを3個所ほど見つけた。田んぼの土手の精度にかなりいい加減なところが問題だったようだ。
 それぞれの問題個所に杭を追加で打ち込み、より線を下に引っ張ったり、さらに1本下に追加したり、一応対策を講じた。それにしても、ワイヤーだけの簡易な電気柵にはちょっと限界があるかもしれないと思い始めている。来年に向けての課題である。

376cf245.jpg

    右の杭を追加し、一番下のより線を追加した

240e53a9.jpg

    左の杭を追加し、一番下の線をさらに下側に引っ張った

0e14f49c.jpg

    パイプを通したあとの凹みに杭を追加した


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ  全国の定年到達者、予備軍の皆々様 「定年帰農」を「ライフスタイル」の定番にしよう。