f0dc5c0f.jpg


 会所農場ではLEDライトが完全な実用品である。私は農場を手に入れる前からLEDライトには凝っており、入植段階で既に20本くらいは持っていたが、実際に使ってみると明るさの不足や電池に起因する持ちの悪さなどからいろいろ買い足すことになり、今では一体全体何本あるのか不明である。基本は中国製が多いため、いつの間にか姿を消したものも多数あるようだ。
 一応、よく使うものとしては3タイプある。一つは18650という電池を複数(今一番よく使うのは3本)使用する非常に明るいもの。これは田んぼの向こうにいるケモノ(約100m向こう)を照らすもので、夜でも頼りになるヤツだ。もう一つはやはり18650を1本使うもので、普通の基準からすればこれでも十分明るい。10m以内を照らせれば十分な夜間作業などに使う。18650という電池はかなり神経質なところがあり、複数本よりも1本で使った方が数段使いやすいので、これの有用性もかなり大きいのである。最後のタイプはヘッドライトである。どうしても夜に作業をすることもあり、これは本当に便利なものだ。

540bc808.jpg


 これまでのところ、ヘッドライト型は全部で5セット購入している。単3を1本いれるシンプルで小型のものは防災用として毎日持ち歩いているが、同タイプで電池が18650というものは農場に行くとき、あるいは農場にいるとき必ずポケットに入れて持ち歩く常用品になっている。あとは頭頂部にもベルトがある単3を3~4本入れた電池ケースが後ろにあるタイプが3本。今日、秋葉原に行ったついでに三月兎で277ルーメン(たいてい眉唾)というヤツがあったので、ついつい購入。これも単3を4本入れるタイプである。ついでに、前から気になっていた電池(eneloop pro)も購入してしまった。これでヘッドライト型は6組ということになる。主たる使用者は2名なんだが。そろそろ買い物好きも卒業しなければね。

f6ed76d9.jpg

    左:防災用(単3タイプ) 右:新戦力

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。