最近の車はいわゆる車載工具をほとんど積んでいない。最近買ったばかりのプリウスαなどは、スペアタイヤも積んでいないので、ジャッキやレンチすらない。その前に買った軽トラ(スズキ・キャリー)は、パンク修理用のジャッキ・レンチが辛うじてある程度。昔から車に乗っている人間としては、何とも心細いのである。少し前まで乗っていたスーパーセブン(中古)は、走ったら何か異変があるのが当たり前で、一般的な工具に加えてワイヤー類・プラグ・バルブ類・針金・電線・ヒューズ・ボルトナット類・・・・・、挙げだすと止まらない。まるでサービスカーのようなものであった。

 確かに最近の車は滅多に壊れなくなった。パンクもスチールラジアルが一般的になったからか、滅多に発生しない。それに、もしメカニカルトラブルが起きたら、直せるものは電球の交換などほんの一部だろう。なにしろ、サービス工場ですら原因はコンピューターの診断機を使わなければわからないのだから。

73af593b.jpg


 とはいうものの、やっぱり何もないのは心配だ。だから、ホームセンターなどに行くと必ずよさそうな工具セットを探すのだが、なかなかいいものがない。キャリイを買ったときに購入したものはあったのだが、同じものもなあ、ということで見送った。本日、家の中を整理していたら、セブンを買ったときに買ったモノじゃないかと思われる工具入れが見つかった。これは、工具を入れてぐるぐるっと巻いて置くもので、少し中身を足して使うことにした。第1次選考では膨れすぎて閉まらないため厳選。まあまあまとまったので、運転席の横にセットした。溢れたものはトランクの下にこれまで使っていた工具箱にいれてしまってある。これで安心なんだが、おそらく車以外のことに使うのがほとんどだと思われる。キャリイのものもそんな使い方ばかり。まあ、車は壊れない方がいいのではあるが、何となくもの足りない気分でもある。
 
e846ad3c.jpg


adac3885.jpg


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。