モミガラは、なかなか分解しづらいものということになっており、燻して燻炭を作ったりしていたが、やはり手間もかかるためほかの方法を考えている。今シーズンになって何度かもらいに行っているが、1回分(軽トラ1杯)はトンプンを加えて積んである。もう一回分は米ぬかを混ぜて積んであるのだが、この前以前買っておいた糖蜜を掛けたところ、どちらも水蒸気が出るほど発酵していた。2週間経過して、今はすっかり常温に戻っているが、気温の低い真冬でも条件さえ揃えば発酵が始まるらしい。
 今度の週末は、野菜のくずや生ゴミをモミガラの山に埋めてみたが、もう少し米ぬかも調達し、糖蜜を混ぜて今一度ちゃんと発酵させてみようと思う。目標としては、ちょっと堅いモミガラを柔らかくして吸収されやすいようにすることである。モミガラのままでは分解して肥料となるまで数年ほどかかるらしい。それをもっと早く効くようにしたい。

38d2ecd8.jpg

    軽トラ1杯分のモミガラは結構沢山あるよ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村 田舎暮らし・人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。