最近、いろいろなトリの姿が目につくのは、望遠デジカメを使っているせいか、それとも繁殖期でトリたちが忙しく飛び回っているのだろうか。

1d50faee.jpg


 一番目はアオサギ。好物のドジョウを狙って日常的に来ているヤツである。この写真では頭の後ろがとびだしており、逆光で色も確認できずアオサギじゃないと思ったんだが、繁殖期には羽冠が伸びると書いてあって、やっぱりいつものアオサギと判明した。オタマジャクシが孵り始めたので、引き続き常連さんである。
 
a21bfcc1.jpg


 次はヒヨドリだ。このあたりには真冬にやってきて、春になるとどこかに行ってしまう。ひどいヤツらで、ハクサイやその他の菜っ葉類を根こそぎ食べてしまう。うちの畑ではついに食べられるものもなくなってきたが。
 
a88efa86.jpg


 三番目はハクセキレイである。土をいじっていると後から追いかけてきてミミズなどを探して食べている。このため、当BLOGでも何度か「現場監督」として紹介済みである。色が薄いので見違えたが、冬は羽根の色が灰色になると書いてあった。
 
42ce8212.jpg


 四番目はセグロセキレイである。実はハクセキレイとはちょっと似た感じで、今まで見ていたものはどっちだったかがよくわからなくなっている。特徴を整理して間違えないようにしたいと思っている。トリは、雄と雌の違い、夏と冬の違い、繁殖期の変化など、いろいろな姿の変化があり、なかなか難しそうである。しかし、こんなところにいるからには間違えずにちゃんと認識してやりたいものだ。
 
調べたつもりですが、慣れないものでトリの種類を間違えているかもしれません。その場合にはご容赦ください。ご指摘いただけると幸いです。

最後に、この前の農場の雪景色もアップしておきましょう。

aa23fef8.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。