土曜日にカミサンが、いつも野菜や畑のことを教えてくれる隣のおばあちゃんに聞いた話を備忘録的にまとめておこう。
 一つは畑の草のことだ。おばあちゃんの畑のあたりには夏でも全く草が生えておらず、畑も周りも草だらけのうちとは大違いになることから、なぜかと聞いたらしい。そうすると、とにかく畑の中に生えた草は絶対に外に出さなければだめらしい。田んぼに入れれば分解して肥料になる。お隣は田んぼはないから山に捨てるのだそうだ。よく、抜いた草を野菜の根元に置いて草マルチなんていうけれど、そんなことをしていると、結局根がついたりしてタネができてそれが散らばってしまうことになる。
 もう一つは間引きについてだ。これも、お隣にタネをわけたりしても、できたものは同じタネからとは思えないほどの違いがあることから、カミサンがなんでそのような違いが起きるのかを聞いたことへの指摘である。それは間引きの仕方が違うと言われたようだ。間引きでは、一番勢いのあるものは取って、二番目のものを残すのだそうだ。うーん、これは一番目の草の話よりずっと理解しづらいが、とにかくやってみようと思う。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。