88f27c31.jpg


 田んぼの準備と平行して種籾も沢水に浸けてある。このまま行くと大体1週間後くらいにモミを播いて苗代(今年は2号田んぼの一角)に並べておく。6週間ほどで田植えだから、田植えの時期は5月半ば過ぎという感じだろうか。
 思い起こすと、カミサンが横須賀の方で借りていた市民農園と平行してやっていた屋上田んぼをみていて、「稲というのはなんと不思議な植物だろう、神が宿ると思っても不思議はない」などと感嘆していたことが今のコメ作りの原点だ。農場を入手するときも、きっとコメ作りができるだろうという判断が購入の最大の理由になった。

5885235c.jpg


 実質12日くらいで作ってしまった田んぼは、最初の年から米を生産した。2年目も穫れたが去年はイノシシにやられてしまった。自然の中で作っているから想定外は当たり前、しかしイノシシ以外は病気も虫も寄せ付けず(当然無農薬なのに)、イネは健気に米を作ってくれる。
 私が一番頼りにしている稲作の本は、「週末の手植え稲作り/横田不二子著」だが、その冒頭にも「始めたらやめられない稲作り」という章があるが、全くその通りで、4年目になってもますます楽しみが募ってくる。定年になって農業を始めたことは自分なりに大ヒットだったけれど、中でもイネとコメを作ることが最大だ。生まれてこの方、2年経つと趣味は終わって次に移るといわれ続けてきたが、これだけは違うんじゃないかな。

24538d9d.jpg

2407d5cf.jpg

    世紀の突貫工事で作った田んぼ(全部で4枚)
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。