e3b19ae6.jpg


 某番組の取材は4日目を終了、あと2日である。本日のメインテーマについては別に記事とするが、ここではこの写真である。撮影した場所はうちの山、時計塔の上でフクロウ巣箱(2号)の下だ。これまで、ここから何度も写真を撮ったが、中腹に生えているイワツツジの先がどうしても視界に入ってくる。
 昨日、山から撮影させて欲しいとのことだったので、鋸や剪定バサミなどを持って同行した。そうしたら、案の定撮影ポイントからはイワツツジが邪魔になる状況だった。さっそく道具をスタッフの人たちにも渡し、私は腰の強力園芸バサミを持って、邪魔な枝をどんどん切り払った。その結果がこの写真である。実際番組中では(カットされなければ)晴天の時のきれいな映像が流れるはずだ。まあ、舞台裏は大変なものである。
 ただ、むやみに枝払いをしたわけではない。ちょうど山の横断ルートに当たる場所で、今年は間に合わなかったが次の冬には運搬車が通れるような道になるはずのエリアである。そんな道ができると、見下ろす農場のいろいろな姿も眺めながら歩けるだろう。楽しみが増えた。

 画面の下の方には時計の背中が見える、これの由来は「1/26の作業内容・時計塔の設置など」です。ぜひご覧ください。

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。