直売所は、横浜の家のお隣さんやワンちゃんの散歩で通りがかる方々を対象として、細々とやっていたものである。野菜の生産量が急増するわけでもないから、番組の最後の楽園通信のところでの紹介も勘弁してもらったのだが、それでも初めてやずっと遠ざかっていたお客さんは多数いらっしゃった。急に暖かくなってたくさん出てきたワラビと、私の趣味のような(番組もそのように扱っていた)シイタケのホダ木、保存してあったサトイモ、それ以外は昨日の夕方前までにほぼ売り切れ。一日の売り上げも当然新記録だった。
 ほとんどのお客さんとの会話は、「一昨日見ましたよ」から始まる感じだったが、どんなところでどういう風にやっているかを認識していただけたのはありがたいことだと思う。これまでも、農場の写真とかエポック的なことを張り紙で知らせたりとかはしていたが、通りがかりの方にメッセージできる内容は限られており、今回のことでようやくご認識いただいた、という方も多かったようだ。
 
 そういえば、今回の番組について全く文句はないのだが、一つ「えー、そうなの?」と思ったことがある。「無農薬」という言葉を出せないというのである。まあ、色々な企業とCMという形でつながっているから仕方がないのはわかるが、たとえば「会所無農薬実践農場」という看板もアップでは写せないし、我々が作っているコメ野菜の特徴である「無農薬」というキーワードも、言葉の中に混じっていたらカットだったのである。
 ということで、放送で反応してくださった皆様に対しては、そのあたりを一つの売り物にしていきたいと思う。「テレビで見ましたよ-」ということだけでは、一過性のものにとどまってしまうしね。とにかく今まで(3年間)のところ、農薬を使わないから困ったという事態は全く発生していない。ちょっと虫が多いとか草が多いといったことはあるが、虫は捕ってつぶせばいいし、草は抜いて捨てればいい。10倍あるいは100倍の広さではやってられない、といわれたらそうかもしれないが、やっぱりプランクトンから始まる食物連鎖のなかで(生き物とともに作る)コメ野菜を育てていくという基本を護っていきたいものだ。おっと、大幅に話題がずれてしまった。
 
それにしても、いつも直売所をご利用いただきありがとうございます。我々だけでは活動も限られていますが、「定年帰農者連絡会」の一つの柱として、安全なコメ野菜を皆さんに届けるという動きが育っていくといいと考えています。時間はかかるかもしれませんが。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。