何度も書いたように、今年はイノシシのせいでタネ用の籾が少なく(不出来で浮いたもの多数)、気づいた時点でどこを探しても籾は売り切れており、とても機械植えができるほどは揃わなかった。結局50g/箱くらいの超薄播きで、ミルキークイーンが11箱、コシヒカリ4箱、古代米(黒米)2箱となり、田んぼを苗代にして育てていた。途中で少し(3割程度)風の被害も受けており、ギリギリではないかと気をもんでいたのだが、定年帰農者連絡会仲閒の木更津のIさんから、イセヒカリを作ってみませんかというお話があり、イセヒカリ自体にも興味があったため、少々いただくようお願いした。ついでにミルキークイーンもいただくようお願いした。ということで、1号(320平米)には黒米とコシヒカリ半々、2号(235平米)と4号(675平米)にミルキークイーン、3号(355平米)にイセヒカリを植えようと考えている。
 それで田植えのスピードだが、BLOGを参照してみると、ほとんど何も知識がなく初めて植えた2009年の春は、どうやら20平米/時くらいかかっていたようだ。当時は、30cm置きに目印を付けた紐を張り、やはり30cmごとに目印を付けた定規の棒をもち、かなり神経を使って7本ずつ植えたんだが、あとで振り返るとそれほど正確にやる必要はないことがわかった。今回は、定規をゴロッと転がして5本、また転がして5本という具合に植えていくのだが、3年前の5割増し以上の速度で植えられると見ている。このペースで植えると全体で54人・時間かかる。午前午後3時間ずつ位がいいところだから、2人がかりでは4日半、余裕を見て5~6実働日くらいで植えられるという机上の計算だ。
 これまで、いつも水を減らす余裕がないまま植えていて、どうも活着に時間がかかっていたようなので、あす現地入りしたら1~3号の水位をいっぱいに上げ、同時に4号の水を排水して水位を下げ、具合がよくなったところで田植えにかかることにする。早くて木曜の昼頃だろうか。今週は土曜日まで2日半行い、少なくとも4号、できればそれに2号を追加したい。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。