昨日田植えをしたばかりの4号田んぼに、早くも変化が現れた。一つは田んぼに入れている沢水の温度が低いため、入り口周辺の苗の元気がなくなってしまったことだ。現在、1~3号については田植えの準備のため水位を下げており、このため沢水がほとんど直接4号に入る状態だった。また、水量も2立米/毎時ていどの量が出ていた。水温は20度未満と思われ、苗の葉が倒れてしまったものが結構あった。前にもそういうことはあったのだが、今回は早く気づき、さっそく3号4号間に設置しているバイパスパイプで、4号の奥側にある越冬池まで沢水を流すようにした。越冬池と4号田んぼはパイプでつないであり、4号の水が減ったらその分越冬池から入るようにしてある。夕方には4号全体から水蒸気が上がっていたので、対策は有効だと思われる。

c313f08b.jpg

    寝ている苗が結構多い

 もう一つの変化は藻である。冬の間も水を入れていた4号田んぼは、田植えの前も若干の藻のようなものがそこに張り付いていたのだが、今日の夕方には一面が緑色になり、一部浮いている藻の塊も発生している。朝、雑草防止用に米ヌカを3袋程撒いたのだが、それが関係しているのだろうか。これまでは早い時期にそのような反応はなかったので、ちょっと調べているところだが、詳細は不明である。雑草対策にはなりそうだが、浮いている藻が増えると水温低下などのマイナスになる。

3d730580.jpg

 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。