前に、「人生の楽園」反響(役場経由のありがたいお申し出)」という記事を書いたことがあった。番組の中で籾を手で播いているシーンがあり、ご覧になった方から自分の機械を差し上げたいとの申し出があったという話だった。
 そのときは鄭重にお断りしたのだが、89歳になるご老人は今年でコメ作りをやめるとのことであり、永年愛用した機械を差し上げたいというものだったから、断ることが実に申し訳なく、いつかうちにも来ていただいたりしなければと思っていたのだった。それが、本日実現したのである。
 番組の直後に農場に見学に来られた方がご老人のお知り合いで、その方が本日連れてきて下さったのである。簡単にこちらの状況をご覧に入れながら説明したが、折しも田植えの最中であり、早々にお帰りになったので色々教えていただくような時間はもてなかった。おそらく70年くらいコメを作られている方が今年で終わりにするということの寂しい気持ちは、作り始めてたった4年目の私でもよくわかる。これからもときどきはお目にかかりたいと思っている。また、私も89歳まであと20数年、まだまだコメを作れるぞ、という刺激もいただいた。

 テレビに出たことの影響は色々あったけれど、このようにいろいろな方とのつながりが出来、それがどんどん広がることが素晴らしいと感じている。

http://rookiefarmer.blog26.fc2.com/blog-entry-2876.html
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。