いろいろ忙しくやってはいるが、水生動物たちの状況には常に目を向けている。大量にいるオタマジャクシだが、2月産卵のヤマアカガエルのオタマジャクシたちの一部は足が生えている。畦を歩いていると小さな物体がぴょんぴょん田んぼに飛び込むが、それらはカエルになりかけの連中である。しかし、水が冷たいためか、餌が少ないせいか、まだ成長していないオタマジャクシのままのものが大半だ。

7ec1bc08.jpg


 大人のカエルは、小さいアオガエルとモリアオガエルが増えてきている。アオガエルは今の夜の田んぼでは主役で、ガラに似合わぬ大きな声で鳴いている。
 ドジョウは、最近田んぼに置いた苗箱の中から2匹出てきている。苗が植わった苗箱は、隠れ家として居心地がいいのかもしれない。どちらもメダカ池にいれたが、今ドジョウが多いのは沢水を受けている池だと思う。ただ、ここは水温が低いため、今のところ繁殖している様子は見えない。あと、田んぼには散在していると思われる。とにかく、冬の間アオサギの餌食になったドジョウは多かったと思っている。
 メダカだが、メダカ池(玄関横に置いてある60Lのトロ函)に5匹いて、沢水池に1匹いた。メダカ池の5匹はおなかにタマゴをつけたメスが泳いでいたりしている割りには増えない。組みあわせの問題dもあるかと思い、昨夜沢水池の孤独なメダカをメダカ池に引っ越しさせた。これで少し様子を見よう。田んぼの方ではメダカの存在は確認できていない。
 虫の類については、現在のところあまり注目していない。タガメでも出てくれば興味も出てくるのだろうけれど。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。