水曜木曜と収穫作業が続き、田んぼを這いずり回って草取りをした昨日の夕方は多少アクセルを戻し気味だったが、今日は朝から雨でほぼ完全休養日。そんな中、以前からお話をいただいていたお客さんが訪ねてこられた。
 同年代のこの方は、この春仕事をリタイアされ、信州のご両親のところに戻って農的生活(あるいは農業)を行うということで、古代米についての状況視察であった。高校まではご実家から通われたそうだからコメ作りについては間違いなく私よりも詳しい模様、とにかく秋になって無事こちらが古代米を収穫できたら種籾をお渡しすることになった。
 ところで、この方のもう一つの柱は「天蚕」ということである。私は全く知らなかったが、クヌギや楢などの葉を食べる蚕で、江戸時代に安曇野の有明地区で成育が始まったものらしい。繭から(天蚕)糸を紡ぎ出して、織物にしたものは今や基調で高価なもののようだ。織物にするこれはカミサンの受け売りだが、代々の皇后陛下は、公務としてこれを育て織物にするらしい。(宮内庁HPで確認してみた
 ご多分に漏れず、その方の実家のあたりも高齢化に伴う休耕地化が進んでおり、天蚕を育てることがうまくいけば、幅を広げて地域の再活性化にもつなげたいというビジョンもあるらしい。なるほど、と感じた。定農連仲間と話していても感じるが、皆さんそれぞれ思い思いの切り口で、いろいろなセカンドライフを楽しんでおられる。この方もそんな新生活を構築されると思う。
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

 田舎暮らし・定年後の暮らしそれぞれの人気ランキングに参加しています。バナークリックで投票してください、お願いします。でも、お一人一日一回らしいです。どちらかお選びください。