これまでネギは溝を掘って植え、成長に応じてだんだん土を寄せる方法を採ってきた。今年になってからはマイクロユンボなども使い溝を掘ったりしていたが、現代農業に出ていた「穴を開けてそこに苗を落とすという方法」をやってみようということになった。

f34cdfe4.jpg


 先週、耕耘と畝立ては終わらせていたが、今日カミサンがテストをやっていた。手が痛くなったというので急遽駆り出されたが、私も田の草取りが終わったところで、ヨレヨレ状態。40~50本で本日終了となった。鉄棒をハンマーで叩くという方法は少し改良の必要がありそうだ。

 いつでも一定量は売れるネギは、直売所にとっては重要な商品であり、次第に作付面積も増えてきた。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ