45628f4d.jpg



 一昨日までの3日間で、田んぼに入って草を取った時間が累計25時間となった。昨日はさすがに田んぼの仕事を見送ろうとしたが、カミサンが残っている苗を空いているところに植えようと言い出した。田んぼに植えたイネはかなり大きくなっているので、意味はないといったがやり始めたので、様子を見る。ところが、田んぼの隅に植えたままになっていた残りの苗が、意外に生長している。一人前に分けつしているものもある。それじゃ植えてみるかと私もはじめた。
 そうすると、4号のコナギが結構大きくなっているのを発見。仕方なく、苗の植え付けから草取りにまた転向。結局、1週間の田んぼ草取り作業は30時間になってしまった。まあ、そのかわりに1万5千株あるイネとはじっくり対話をした。
 ただ、稲の生育のばらつきが結構あり、いまが出穂の30日くらい前になるので活を入れておこうと、肥料を撒いてやった。基本的には自力で育って欲しいので、成育の悪いところに絞ったけれど。
 
 
 残りの時間は、借り畑に行って真ん中の畑(落花生+サツマイモ1畝+大豆9畝、残りは大根予定地)の草取りと土寄せ。大豆は、高性能緑化苗の4畝のみだったが。

aee3b905.jpg


 それにしても、大豆の生命力はすごい。このあいだ植えたあと、カンカン照りが続いたので心配していたが、ダメだった苗は1割程度。あとは元気に葉を出している。土の中には根が張っているはずだ。落花生も同じやり方で実験したが、ほとんどカビだらけになった。万能ではないのかもしれない。
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ